四方山話(よもやまばなし):御事納め

Autor メニックス株式会社 | 08.12.2008 | Category 四方山話

 
針仕事のイメージ
「御事納め」とは、その年の農事、雑事を締めくくる日です。
 
この日は日常の雑事を片付けて終わらせお正月を迎える、
切り替えの役目があります。
 
また、12月8日は「針供養の日」でもあり、これも日常の
必需品(昔は・・)を、豆腐やこんにゃくなどの柔らかいものに
針をさして供養することで、御事納めと同じ役目があります。
 
江戸時代には、里芋・こんにゃく・にんじん・小豆を入れた
「御事汁」を食べる風習がありました。

この時期、体が温まりそうでいいですね。