四方山話(よもやまばなし):冬至

Autor メニックス株式会社 | 22.12.2008 | Category 四方山話

昨日、12月21日は「冬至」でした。冬至の風物詩といえば、「ゆず湯」と「かぼちゃ」。
この時期にかぼちゃを食べて、ゆず湯に入ると、風邪をひかないと言われます。
 
野菜のビニールハウス栽培や海外からの輸入がなかった昔、
冬場は野菜が作れずビタミン不足になりやすいこの時期に、
保存のきくかぼちゃを食べることで、風邪の予防をした事に由来します。
 
また、ゆず湯に浮かべるゆずには、皮に含まれる精油に血行促進効果があり、
皮や実に含まれるビタミンCは肌によく、香りにはリラックス効果があります。
カボチャとわんこ
イラストのお借り先はコチラ