環境ラベル:香港

Autor メニックス株式会社 | 30.01.2009 | Category エコアクション21

香港グリーンラベルスキーム(HKGLS)

2000年12月に香港環境促進会が香港生産力促進局との共催で開始したスキームです。
開発にあたっては、EU、グリーンシール(アメリカ)、中国、ブルーエンジェル(ドイツ)の
各既存プログラムを参照しています。
制度や運営については、香港環境促進会、香港生産力促進局、学会、産業・商業部門、
環境団体の代表者からなる諮問委員会が設置され、助言が行われています。

環境ラベル:香港

四方山話(よもやまばなし):南極「昭和基地」設営記念日

Autor メニックス株式会社 | 29.01.2009 | Category 四方山話

親子ペンギン

イラストのお借り先はコチラ

1957(昭和32)年、日本の南極観測隊がオングル島に上陸し、昭和基地を設営しました。
この年から翌年にかけては「国際地球観測年」で、南極大陸には日本を始め12か国による
観測網が敷かれたのです。当時の昭和基地は全部で5棟。
そのうち4棟が木製パネルの組立式家屋、いわゆるプレハブでした。
第1次南極観測隊のために制作されたこのプレハブは、日本初のプレハブ建築です。

環境ラベル:ドイツ

Autor メニックス株式会社 | 28.01.2009 | Category エコアクション21

The Blue Angel

ドイツ連邦環境庁が30年前の1978年より運営している環境ラベルの先駆者的存在で、
国連環境計画(UNEP)のシンボルマークであるブルー・エンジェルを採用しています。
 
「環境にやさしい(eco-friendly)」製品およびサービスのラベル使用契約者数は、
ドイツと海外を合わせて約820(うち海外は約140)をがそえ、
約10000品目にラベルが貼付されています(2008年5月時点)。
身近なところでは、家具、省エネ冷凍・冷蔵庫、再生紙、プリンター、コピー機等の
事務機器などが環境保全に配慮している場合に、ラベルが授与されています。

環境ラベル:ブルーエンジェル

四方山話(よもやまばなし):国旗制定記念日

Autor メニックス株式会社 | 27.01.2009 | Category 四方山話

日の丸 1870(明治3)年、太政官布告第57号の「商船規則」で、
国旗のデザインや規格が定められました。
 
商船規則で定められるまでは、船によってまちまちのデザインの旗を
使っていたのです。
 
当時の規格は、縦横の比率は7:10で、日の丸が旗の中心から旗ざお側に
横の長さの100分の1ずれた位置とされていましたが、
現在は1999年8月13日に公布・施行された「国旗国歌法」により、
縦横の比率は2:3、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、
日の丸は旗の中心の位置となっています。

四方山話(よもやまばなし):春節

Autor メニックス株式会社 | 26.01.2009 | Category 四方山話

春節の提燈 春節とは、中国本土のみならず、香港・台湾・世界中の中華街で祝われる

「中国のお正月」のことです。
 
旧暦のため、毎年その日は変化し、2009年は1月26日にあたります。
 
日本でも神戸南京町、横浜中華街、長崎新地中華街では毎年盛大なイベントが

行われています。
 
中国本土では春節から3日間は休日で、旅行に行っても店が休みで

困ることが多いのですが、神戸の南京町は一年で一番混雑している気がします。

でも、春節にしか出ない屋台もあるので、私は覚悟を決めて行きます!