環境ラベル:岩手県再生資源利用認定製品認定制度

Autor メニックス株式会社 | 30.04.2009 | Category エコアクション21

限りある資源の有効利用を促進し、循環型地域社会の形成を図るため、
一定の基準を満たすリサイクル製品を県が認定し利用拡大を図ることを目的と
しています。
 
対象となる製品は、再生資源を利用した製品で、次の基準を満たすリサイクル製品が
対象となります。
 
認定された場合は、「岩手県再生資源利用認定製品認定証」を交付され、
認定製品を製造する事業者は、製品に認定マークを表示することができます。

岩手県再生資源利用認定製品認定制度

四方山話(よもやまばなし):4月29日

Autor メニックス株式会社 | 28.04.2009 | Category 四方山話

四葉のクローバー 現在、4月29日は「昭和の日」ですが、
1927年から1948年の間は「天長節」と呼ばれ、
天皇の誕生日であることを表した日でした。
 
1948年から1988年の昭和天皇崩御までは「天皇誕生日」と呼ばれ、
その後は、生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日として
「みどりの日」と呼ばれましたが、2005年に祝日法が改正され、
2007年からは「昭和の日」と呼ばれることになりました。
 
そのため、「みどりの日」は5月4日に移動し、
ゴールデンウィークを構成する休日の一つになりました。

環境ラベル:弘前市エコストア・エコオフィス認定制度

Autor メニックス株式会社 | 27.04.2009 | Category エコアクション21

エコストア・エコオフィス認定制度とは、ごみの減量やリサイクルの推進、省エネルギーなど、
環境にやさしい活動を行っている店舗、事務所を「エコストア・エコオフィス」として認定し、
その取り組みを応援していこうという制度です。
 
認定されると認定証とステッカーなどが交付されるほか、「エコストア・エコオフィスマーク」を
お店の広告などに使用でき、ステッカーをお店や事務所の目立つところに表示すると
「ここは環境のことを考えているいいお店(事務所)なのだな。」ということがわかり、
イメージアップ効果があります。
 
また、「エコストア・エコオフィスマーク」を広告などに使用すれば、さらに広くアピールできます。
環境ラベル:エコストア
環境ラベル:エコオフィス

環境ラベル:地球にやさしい青森県推進事業所登録制度

Autor メニックス株式会社 | 24.04.2009 | Category エコアクション21

ロゴ:地球にやさしい青森県推進事業所登録制度 青森県では、地球温暖化対策、廃棄物の減量化・リサイクルの推進等、環境に配慮した取組を積極的に実践している事業所を募集し、「地球にやさしい青森県推進事業所」として登録して広く県民に周知することで、環境に配慮した取組の輪を広げ、環境への負荷の少ない「地球にやさしい青森県」づくりを推進しています。登録事業所は、下記の環境に配慮した取り組みを、積極的に実施しています。

  • 物品等の調達に当たっての配慮
  • 製品の開発・設計等における配慮
  • 省エネルギー対策
  • 廃棄物の減量化・リサイクルの推進
  • 省資源対策
  • 事業所の建築、管理等に当たっての配慮

四方山話(よもやまばなし):地ビールの日

Autor メニックス株式会社 | 23.04.2009 | Category 四方山話

日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999(平成11)年に制定し、2000(平成12)年から実施しています。
日附は公募により選定されました。
 
1516年4月23日にバイエルン国王ウィルヘルム4世が「ビール純粋令」を発布したことにより、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなり、「ビールとは何か」が、世界で初めて明確に定義されました。
 
また、この日はドイツの「ビールの日」にもなっています。
ビールのイメージ