四方山話:トランジスタの日

Autor メニックス株式会社 | 30.06.2009 | Category 四方山話

トランジスタラジオのイメージ 1948(昭和23)年、アメリカ・AT&Tベル研究所のウィリアム・ショックレイ、ジョン・バーディン、ウォルター・ブラッテンが発明したトランジスタが初めて公開されました。
 
トランジスタは半導体を用いて電気信号を増幅・発振させることができ、真空管と同じ働きをしながら小型・軽量・長寿命で消費電力が小さい等の利点があり、急速に普及していきました。
 
トランジスタは20世紀の最大の発明のひとつであり、また、文字通りの 「小さな巨人」 でもあります。

山形県リサイクル製品認定制度

Autor メニックス株式会社 | 29.06.2009 | Category エコアクション21

廃棄物を減らし、資源を有効に活用するためにはリサイクルを進めなければなりませんが、廃棄物をリサイクルしてできた製品が広く利用されないことには資源循環の環が途切れてしまいます。
このため、県内で製造・加工されるリサイクル製品を県が認定し、皆さんの協力を得て普及を図ることが目的です。
 
これまで認定を受けた製品は、生ごみや樹皮、下水道汚泥、家畜ふん尿等を循環利用した肥料、焼却灰を溶融固化した溶融スラグを循環利用したコンクリート製品や舗装用アスファルト、解体木くずや間伐材を循環利用した床下調湿材など、35製品(平成21年4月16日現在)を認定しています。
 
山形県リサイクル製品認定制度:ロゴ

「エコショップやまがた」認定制度

Autor メニックス株式会社 | 26.06.2009 | Category エコアクション21

「エコショップやまがた」認定制度のマーク 「エコショップやまがた」とは、環境配慮商品の販売、簡易包装や省包装、トレー等の店頭回収、環境配慮型サービスの提供などに取組むお店です。
消費者と直接接して物品やサービスを提供する県内のお店で、下記の取組みを3つ以上行っているお店を、店舗(事業所)毎に随時参加を受付ています。

  • 環境保全型(グリーン)商品の取り扱い
  • 商品のリサイクル推進
  • 環境保全型サービス
  • 簡易包装推進協力店
  • リサイクルへの地域協力
  • 自動車公害の防止
  • 自然との共存
  • 省エネルギー設備
  • その他環境に配慮した取組

山形県は、エコショップやまがた制度の趣旨を広報するとともに、協力店の活動を支援し、協力店に認定された商店等を県民に対して公表して広報して、その利用を推奨しています。

演説の日

Autor メニックス株式会社 | 25.06.2009 | Category 四方山話

1874年6月27日、慶応義塾の三田演説館で日本初の演説会が行われました。
 
「演説」という言葉は慶応義塾を創設した福澤諭吉が仏教語をもとに作ったもので、
この日の演説で、福澤諭吉は
「日本が欧米と対等の立場に立つ為には、演説の力を附けることが必要」
と説きました。
 
「演説」の意味を辞書で調べると、『大勢の前で自分の意見や主張を述べること。』
に加え、『道理や意義を説き明かすこと。』とあります。
近々選挙があると思われますが、選挙演説は後者の方を大切にして欲しいものです。
演説のイメージ

秋田県リサイクル製品認定制度

Autor メニックス株式会社 | 24.06.2009 | Category エコアクション21

秋田県リサイクル製品認定制度 秋田県リサイクル製品認定制度は、県内の廃棄物の減量化とリサイクル関連産業の育成・活性化をはかるため、秋田発のリサイクル製品を知事が認定し、PRを行うなどしてリサイクル製品の利用を促進する制度です。認定製品には、廃プラスチック、間伐材、廃瓦、溶融スラグなどを再利用した道路舗装材、ブロック、土壌改良材など、200製品以上が登録されています。