大きな目標の達成方法

Autor メニックス株式会社 | 28.01.2010 | Category 昼礼の話

昼礼でのお話です。
本日の昼礼当番は2年前の健診で、メタボ注意と言われたそうです。
そのため、車通勤から自転車通勤に変えたり、昼食の内容に気を配ったりと、
少しづつ改善していかれたそうです。
 
しかし、人はどうしても短期間で目に見える効果を求めてしまうもので、
急にマラソンを始めたところ、見事に足を痛めてしまったとのこと。
この経験から、大きな目標を立てる時は、段階的に目標値を決め、
着実にクリアするよう心がける事にされたそうです。
 
傍から見ていると、着実に体を絞っておられ、羨ましい限りでしたが、
まだまだという意欲に、私も頑張らないと我が身をつねりました。
マラソンのイメージ

メニックス畑:小さなブロッコリー

Autor メニックス株式会社 | 26.01.2010 | Category 会社情報

念願のブロッコリー発見! 先日、葉の食害が目立ってきたブロッコリーですが、
今日の畑仕事で、犯人のものらしきフンを発見しました。
しかし・・虫のものにしては、かなり大きめ。
でも、通りがかりの鳥のものにしては、場所と数が一致しています。
犯人は鳥なのでしょうか?
 
生育に問題なければ、食用にしない葉が食害されても
気にしないことにします。
売り物ではないので、薬を使わずにいけるところまで
育ててみようと思います。 

問題意識の育て方

Autor メニックス株式会社 | 25.01.2010 | Category 昼礼の話

昼礼でのお話です。
テーマは「発展的な面倒くさがりになれ!」でした。
一般的に「面倒くさがり」は、良い意味では使われませんが、
「発展的」がつくと、下記のようにニュアンスが変わります。

1.問題を問題として捉えられないと、解決は出来ない。
  問題を気づかせてくれるものに、「面倒くさい」がある。
2.「面倒くさい」は、何か問題があるから「面倒くさい」のである。
  なぜ「面倒くさい」のか考える。
3.「面倒くさい」を解決できないか考えることで、問題解決への道は開かれる。

「面倒くさい」や「不便」を放置しない事が、問題発見・解決の近道だということですね。
 

日刊工業新聞 平成22年1月22日付

Autor メニックス株式会社 | 22.01.2010 | Category 2DCAD, 3DCAD, CAD, 会社情報

サムネイル:日刊工業新聞 平成22年1月22日付

機械設計(2次元CAD・3次元CAD)のプロ集団

余す事なく利用できる3Dデータの魅力

・コスト削減 
  設計データは3Dイラストとして流用でき、
  イラストを別途発注する必要がない
 
・納期短縮 
  試作検討・強度解析の検証に使用可能
 
・ECOなデータ活用法
  説明会の資料や動画アニメーションなどにも
  設計流用が可能
 
・組立効率アップ 
  3Dデータを用いた組立指示書は理解しやすく、
  ケアレスミスの減少に効果あり
 
 
左の画像をクリックすると、記事のPDF(880KB)が開きます。
 

エコアクション21実務者向けセミナー

Autor メニックス株式会社 | 21.01.2010 | Category エコアクション21, 会社情報

1月20日米原で行われた「エコアクション21実務者向けセミナー」に参加しました。
内容は、エコアクション21ガイドライン2009年版移行への対応と準備についてでした。

メニックスが認定を受けたのは昨年の8月で、認定の有効期限は2年ですが、
認定1年後に中間審査があります。
ちょうどその時期はガイドライン移行期間で、旧版で審査を受けても良いのですが、
一年後に移行審査の受審が必要となるので、新版で受けた方が良いようです。

しかし、新版での審査申込みは2010年6月から。
申込みからの審査期間をを考えると、微妙な時期に中間審査があるので、
期末処理に入る前に、審査時期を決定したいと思いました。