省エネと利益率UP

Autor メニックス株式会社

昼礼でのお話です。
本日の昼礼当番は、チームリーダーです。
先日商工会議所で、エコ関係の講習を受けた際、「省エネと利益率」に関する話も合ったそうです。

不況の影が残る昨今、単価の引き下げ・短納期など、厳しい条件の仕事が増えていますが、
省エネの観点から考えると、短時間で成果を挙げれば、事務所などの光熱費が抑えられます。
抑えられた光熱費をその仕事の利益と考えれば、減った単価分をカバーできる可能性がある
とのことでした。

省エネと利益率UPは関連なさそうですが、大きな目で見ると繫がっているものですね。