エコアクション21 ガイドライン説明会

Autor Yamanaka

先日、エコアクション21(EA21)ガイドライン2011年版(暫定版)の説明会があり、参加してきました。

現在の事業者におけるEA21とは、「持続可能な社会を構築していくために、事業活動の中に『省エネルギー』・『省資源』・『廃棄物削減』等の環境配慮を織り込むことから『グリーン購入』・『化学物質使用量の削減』・『自らが生産、販売、提供する製品及びサービスに関する環境配慮』の取組が追加されています。

節電したり資源の使用を節約したり、廃棄物の削減をすると云う目的意識だけでは継続的な取組は難しいですが、これらの取組が経費の削減につながり利益追求になり、会社のイメージも変わると考えれば、目的意識もはっきりして取組甲斐があります。また、EA21認証・登録事業所と云うブランドイメージ、取引における環境配慮する企業の優先取引などを考えると取組の効果は図り知れないと思われます。
出来る事から初め、それを継続する事で会社の利益と地球環境に貢献でき、企業イメージが変わる。こんないい事はありませんよね。

まだまだ、判らない事も多々ありますが、頑張ります。