平成21年12月18日付け 産経新聞滋賀版広告

Autor メニックス株式会社

余す事なく利用できる3D-CAD、その魅力

画像をクリックすると、拡大画像(156KB)が開きます。 
平成21年12月18日付産経新聞滋賀版広告_サムネイル
・コスト削減できます。
 設計に3次元CADを採用する事で、設計ミスを削減。
 納期短縮に繋がり、コストを削減できます。
 (中略)
 猛イラストを別途発注する必要はありません。
・納期短縮できます。
 3次元CADは試作検討・強度解析の検証に使用できます。過剰な設計を未然に防ぎ、限られて時間を有効に活用できます。
・ecoなデータ活用法あります。
 3次元CADで作成した3Dデータは、設計データとして納品後も多様な展開が可能です。
 (中略)
 3次元CADで設計を行えば、流用設計が容易になります。
・組立効率UPです。
 2Dの図面を頭の中で3D変換する必要はもうありません。3Dデータを用いた作成指示書は理解しやすく、組み立て作業に集中できます。